幼保無償化法案で対決ムード…参院選にアピール競う与野党

幼保無償化法案のポイント
幼保無償化法案のポイント

 幼児教育・保育の無償化を実施するための子ども・子育て支援法改正案は12日の衆院本会議で与野党の論戦が始まった。与党は今月から始まる統一地方選や夏の参院選をにらみ、早期成立を目指す構えだ。これに対し、立憲民主党など主要野党は“対決法案”と位置付け、収入の多い世帯ほど恩恵を受ける「高所得層優遇政策」などと批判を強めている。

 「幼児・児童の教育、育成は何よりも重要な政策的使命だ。自民党としても熱心に対応していきたい」