地方議員に破格ボーナスは必要か

 地方議員にとっての「夏のボーナス」といえる期末手当がこのほど支給された。大阪市議会の場合は役職にかかわらず200万円以上。政令市の多くで、議員ボーナスは一般サラリーマンと比べて破格だ。金額は自治体ごとに条例で決定する仕組みだが、民間準拠が原則となる一般公務員の場合と異なり、この額でなければならないというはっきりした理由があるわけではない。有識者は「納得いく仕事をしてくれる議員を選挙で選ぶべきだ」と話している。

トップは500万超

 「議員は毎月多額の報酬をもらっているし、ボーナスは不要では」