新時代

第7部 日米安保の行方(中) 「不公平」消えぬまま60年

条文は一言一句変わることがなかった

 日米安全保障条約に対するトランプ米大統領の不満の根源となっている条約の「不公平感」はどこで生まれたのか。解消の手立てはあるのか。

 中国の軍事的な台頭とトランプ氏の登場-。これらにより、日本が日米同盟を維持、発展させる重要性と難度は増している。

 「同盟が所与のものではないことを国民にどう理解してもらうか」。外務省の幹部は、日本が直面している現実に厳しい視線を向ける。新たな時代を迎えようとする日米同盟だが、その歴史は70年近く前までさかのぼる。

【新時代】の記事一覧はこちら