10月15日

産経抄
Messenger

 秋の学園祭シーズンだが学生の普段の「キャンパス滞在時間」は短くなっている。日本私立大学連盟の学生生活白書によると1日平均5・96時間で3年前の調査より減少した。サークル活動などの減少が目立つ。

 ▼学内の人間関係が薄くなり、SNS(会員制交流サイト)などネット上で費やす時間が増えている。逆に所属学部・学科の満足度は減少に転じた。学生が求めるのは「論理的に考える力」「自分の考えをまとめ分かりやすく表現する力」などで、それが身につくかが満足度を左右するとの分析だ。