11月27日

産経抄
Messenger

 「日本には選挙があって大変ですね」「25年間に11回選挙をしました」。1972年9月、田中角栄首相が日中国交回復のために訪中した際、毛沢東主席との間で、こんなやりとりがあったそうだ。

 ▼確かに共産党一党独裁の下、指導者は選挙の心配をする必要はない。関心があるのは、中国と利害関係のある他国の選挙である。自国の一部とする台湾ならなおさらだ。