12月21日

産経抄
Messenger

 今年もっとも印象に残った「迷言」といえば、これにとどめを刺す。「女子の方がコミュニケーション能力が高く、男子を救う必要がある」。東京医科大の不正入試問題をきっかけに、他の大学の医学部入試でも、女子や浪人に対する差別の実態が明らかになった。

 ▼なぜ、女子受験生が不利に扱われるのか。順天堂大学の弁解は、かえって批判の声を増幅させる結果となった。日々患者と接する医師にとって、「コミュ力」は大切な能力である。それが高い女子を排除する、つまり差別を堂々と認めたことになる。