12月31日

産経抄
Messenger

 師走の週末。15分の休憩時間が終わり、コンサート第2部の幕が開こうかというそのとき、演者も現れていないのに、2階席で拍手が鳴り響いた。何事かと振り向くと、美智子皇后陛下がおいでになったのである。

 ▼南米ベネズエラ発祥のチャリティーコンサートで、福島県相馬市など被災地で活動を続けている子供オーケストラが日頃の練習成果を発表していたのだが、驚いた。「皇后陛下がいらっしゃいました」との放送も事前の予告もなかったのである(目つきの鋭い男性が何人か場内をうろうろしていたのは気がついていたが)。