産経抄

2月2日

Messenger

 日教組の今年の教育研究全国集会が1日、北九州市で始まった。集会で岡島真砂樹委員長は強調したという。「憲法、平和と民主主義、そして教育の危機がさらに緊迫度を増している」。旧態依然、時代錯誤、頑迷固陋(ころう)…といった四字熟語が頭に浮かぶ。

 ▼「日の丸・君が代問題棚上げ」「学習指導要領是認」。日教組が40年以上にわたる文部省(現文部科学省)との闘争路線を転換し、協調路線を打ち出したのは、平成7年のことだった。「戦後、教育が荒廃した責任の半分は日教組にある」。この年、自民党文教部会に招かれた横山英一委員長はこう発言し、自民党議員を驚かせた。