産経抄

2月4日

Messenger

 さあ、北海道へ行こう。という気分が、今ひとつ出てこない。昨年の北海道胆振東部地震の影響で落ち込んだ観光産業を支援しようと、観光庁が音頭をとっている「元気です北海道」キャンペーンも絶賛開催中なのだが、中年鉄道愛好家には、どうも食指が動かない。

 ▼かつて北の大地は、鉄道王国だった。昭和の昔、函館本線を蒸気機関車C62が重連で急行「ニセコ」を牽(ひ)いた雄姿は、今や伝説となった。平成になってからもブルートレイン「北斗星」と大阪-札幌間を一昼夜かけて結んだ「トワイライトエクスプレス」が妍(けん)を競った。