産経抄

3月1日

Messenger

 「曲学阿世(きょくがくあせい)」という四字熟語がある。サンフランシスコ平和条約の締結に際して、吉田茂首相が南原(なんばら)繁東大総長を非難する際に使われた。中国前漢の武帝の時代に、袁固生(えんこせい)という老学者が、年下の公孫弘(こうそんこう)に対して、いましめた言葉だ。

 ▼中国法制史が専門の冨谷至(とみやいたる)さんは、「曲学」とは「正学」と対となる二字という。「いい加減な小手先の学問で、世に迎合してはなりません」という意味になる(『四字熟語の中国史』岩波新書)。