産経抄

3月9日

Messenger

 本当の失望が訪れたときは、金王朝はおしまいだろう。トランプ米大統領は6日、北朝鮮が廃棄を約束したミサイル発射場の再建を進めているとの情報について「もしそうなら、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に非常に失望する」と述べた。当面は様子を見るというが、いつまで我慢するか。

 ▼北朝鮮北西部の東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場が、稼働状態に戻ったとの分析も伝わる。危険な火遊びは、米国による制裁強化と軍事的緊張の高まりを招き、北朝鮮は制裁解除も経済支援も得られない。こんな当たり前のことに、いつになったら気付くのか。