産経抄

3月10日

Messenger

 時間は、ただ一つの方角へと流れている。「人生は後ろ向きにしか理解できないが、前を向いてしか生きられない」。デンマークの哲学者、キルケゴールの警句だという。あの日、あの時、あの場所で-と振り返ることはできても、流れの先に何が待つのかは、誰にも分からない。

 ▼数年前、傷痕も生々しい東北の被災地を歩いた。海に近い急傾斜の坂を上り切ったその場所で、目にした「津波到達点」の標識は忘れ難い。逃げろ。8年前の惨禍を知るいまはそう言えても、海が持つ爪牙(そうが)の残酷さを多くの人々はあの日まで思いもしなかったろう。