産経抄

3月14日

 平成11年に74歳で亡くなった喜劇役者、三木のり平さんの本名は、田沼則子だった。「のりこ」ではなく、「ただし」と読む。「男に『子』がつくのはおかしい」。母親の言い分に、父親は耳を貸さなかった。

 ▼「孔子、孟子と、子がつく男は立派になるんだ」。とはいえ名前だけでは、当然女の子だと誤解される。小学校の入学通知を持っていくと、「だめだよ、お姉さんの通知状持ってきたりしたら」などと叱られた。名前をからかわれて、ずいぶんケンカもした。