産経抄

3月21日

 アドルフ・ヒトラーがドイツの首相に指名された1933年、米英両国で一枚の写真が話題になっていた。被写体は、赤ん坊時代のヒトラーである。あざ笑うように分厚い唇をゆがめ、額には脂ぎったもじゃもじゃの髪が垂れていた。

 ▼4年後、米コネチカット州に住む女性が、息子の写真だと気づく。愛らしい顔つきに影を加え、邪悪に見えるように修整したようだ。どのような経緯で、写真が国際的なペテンに使われたのか、いまだに不明である(『ウソの歴史博物館』A・バーザ、文春文庫)。