産経抄

4月18日

 名探偵ホームズの生みの親、コナン・ドイルは、実は歴史小説家として世に出たかった。それほど思い入れがなかった証拠に、作品のなかで一度ホームズを殺している。

 ▼漫画家をめざして北海道から上京した加藤一彦さんは、ホームズの“ライバル”、怪盗ルパンの大ファンだった。昭和42年に劇画週刊誌に連載するチャンスを得る。「ルパンなんて古い」との編集部の声を押し切って、始めたのが『ルパン三世』だった。