産経抄

5月10日

 「牛乳をコップでひといきにのんでしまうとはじめてシャク放だ。食卓イスからおろされて、サークルの中へ移転だ」「はじめこれに入れられたとき、ずいぶんイヤーンで抵抗したんだけれど、パパもママも出勤の用意でいそがしくて、全然反応なしなので私のほうでこんまけしてしまった」。

 ▼京都で小児科医を開業していた松田道雄さんは、2歳の男の子になりきっている。『私は二歳』(岩波新書)は半世紀以上も前に刊行された。とはいえ2歳になると、言葉が発達し個性がはっきりしてくるのは今も昔も変わらない。