産経抄

7月1日

 最近は、冗談の一つもなかなか言えないご時世になった。こう見えて小欄もいろいろと気を使っている。平成の半ばごろまでは、ある種の髪形の人を「おい、●●(小心のため伏せ字にした)」と呼びかけていたのを悔い改め、令和の御代(みよ)では「そちらの、髪の毛の密度が比較的薄いお方」と言い換えている。

 ▼大阪で開かれたG20首脳会議(サミット)夕食会での安倍晋三首相のスピーチが、物議を醸している。首相は、太閤・豊臣秀吉がつくった大阪城が約90年前に再建された、と紹介し「しかし一つだけ、大きなミスを犯してしまいました。エレベーターまでつけてしまいました」と付け加えた。