産経抄

7月6日

 予想された事態だとはいえ、あきれ果てる。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決をうたった平成27年の日韓合意に基づき、韓国で設立された慰安婦財団が解散した。韓国側は日本政府に「手続きが完了したわけではない」と釈明したが、6月に手続きに入った時点で裏切っている。

 ▼「文在寅(ムン・ジェイン)大統領も安倍晋三首相との首脳会談で、解散しないと明言してきた。到底受け入れられない」。西村康稔官房副長官は5日の記者会見で指摘し、韓国側に合意の着実な実施を求める申し入れを行ったと明らかにした。とはいえ、どうせ馬耳東風だろう。