産経抄

8月31日

 蟹(かに)は、甲羅に似せて穴を掘るという。人の行いや考えは、身の丈に合ったものになるとの意味のことわざである。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、29日の臨時閣議で展開した激しい日本批判を見て連想した。文氏はあろうことかこう訴えていた。「日本は正直でなければならない」。

 ▼あっけにとられた人も多かろう。何しろ文氏は2018年2月に安倍晋三首相と会談した際に、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった日韓合意について「破棄しない」と述べ、慰安婦財団に関しても「解散しない」と明言していた。それをほごにしておいて正直も何もあったものではない。