産経抄

10月2日

 贈り物をきっぱり断るのは難しい。福島県知事の逮捕にまで発展した昭和51年の県政汚職事件の記録『ドキュメント自治体汚職』(吉田慎一著)に、こんな場面があった。

 ▼県庁幹部の留守宅を訪れた業者が、「お歳暮」として薄い箱と茶封筒を差し出した。妻は、中身が商品券と現金だと気づき受け取りを拒否したものの押しつけられてしまう。帰宅した幹部は妻をなじった。もっとも年の瀬の忙しさにまぎれて、返しそびれる。