産経抄

11月8日

 昨日の「朝晴れエッセー」は、読んでいるだけで舌がしびれそうになった。盛岡市で飲食業を営む筆者はこの時期、赤唐辛子(とうがらし)のペースト作りに励んでいる。発酵が進むと、瓶のフタを開けたとたんにあふれ出す。少量でも飛び上がるほど辛いそうだ。

 ▼胡椒(こしょう)を求めてインドに向かったつもりのコロンブスが、アメリカ大陸で見つけたのが唐辛子である。「レッド・ペッパー」としてスペインに持ち帰り、欧州に広まった。日本には戦国時代にポルトガル人により持ち込まれた。朝鮮半島に伝わったのは、豊臣秀吉の朝鮮出兵がきっかけといわれる。