産経抄

11月9日

 「まずもって歓迎したい」。菅義偉官房長官は7日の記者会見で同日、衆院憲法審査会の自由討議が平成29年11月以来、約2年ぶりに行われたことを評価した。確かに一歩前進ではあろうが、かくも長きにわたり野党が議論自体を拒み、「職場放棄」をしてきたことに改めて驚いた。

 ▼衆院憲法審は毎週木曜日が定例日で、国会閉会中も開くことができる。理論上は、この2年間で100回以上議論を重ねることもできたことになる。一方の参院憲法審も昨年2月以来、1年9カ月近くも自由討議は実施されていない。国会議員は自らの仕事を何と心得ているのか。