産経抄

1月16日

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手にとって、2017年のワールドシリーズの記憶は、悪夢としかいいようがないだろう。当時、ドジャースに所属していたダルビッシュ投手は、アストロズとの第3戦に先発し、1回2/3で4失点を喫し降板する。

 ▼満を持して臨んだ第7戦でもやはり1回2/3で5点を失い、アストロズによる初制覇の引き立て役に甘んじた。もっとも、めった打ちにされたのは、配球がすべて相手バッターに筒抜けだったからかもしれない。