産経抄

7月16日

 16世紀末のロンドンは、ペストが大流行していた。映画「恋におちたシェイクスピア」は、12週間にわたる劇場閉鎖が解除された場面から始まる。

 ▼新作を依頼されながらスランプに陥った主人公が、演劇好きの資産家の娘と恋におちる。文豪の大恋愛はフィクションだが、疫病の時代を生きたのは事実である。その経験が「ロミオとジュリエット」にも生かされた。