産経抄

12月3日

 外務省研修所の玄関を入ると2つの銅像がある。一人は明治の名外交官、陸奥宗光である。もう一人のヘンリー・デニソンを知る人は少ないだろう。米国の外交官から外務省に移り、34年にわたって日本外交を支えた。

 ▼とりわけ日露戦争の前後、ロシアとの交渉で大活躍した。もっとも本人はその仕事ぶりがわかる資料をすべて焼却している。功はすべて当時の小村寿太郎外務大臣のものだというのだ(『歴史秘話 外務省研修所』片山和之著)。