産経抄

12月9日

 90歳の天寿を全うした物理学者の有馬朗人(あきと)さんは尊敬する人物として、寺田寅彦を挙げていた。有馬さんは孫弟子にもあたる。俳人でもあった有馬さんは「珈琲の渦を見てゐる寅彦忌」という句も詠んでいる。二人ともコーヒーには目がなかった。

 ▼寅彦といえば、専門の地球物理学にとどまらず、墨流しや金平糖の実験まで含めた、研究の幅の広さで知られている。さらに夏目漱石の弟子だった寅彦の随筆は、今も多くのファンを持つ。物理学と文学の両立は、有馬さんも実践してきた。違いがあるとすれば、寅彦が政治や行政にだけは一切かかわらなかったことである。