産経抄

3月4日

 昨年97歳で亡くなった台湾元総統の李登輝氏は、平成28年に沖縄県石垣島を訪れている。石垣島と台湾はわずか250キロしか離れていない。沖縄本島より近いとあって、歴史的に結びつきが強かった。

 ▼特産物のパイナップルは、台湾から移り住んだ人たちが、栽培や加工技術を伝えたものだ。李氏は講演で、そんな歴史を紹介しながら述べた。「台湾も日本も運命共同体だ。石垣島の例は、日台協力関係を築く上でモデルになる」。