産経抄

3月7日

 小学生のグループに問題を出した。次の掛け算の答えを予測してください。

 ▼〈8×7×6×5×4×3×2×1〉。別のグループには並びを逆さまにして見せた。〈1×2×3×4×5×6×7×8〉。結果は「8」から始まる式を見た子供たちの方が、大きな数を予測した。行動経済学の本にも載るこの研究は、人の判断や選択が、最初に目印とした数字に左右されることの裏付けだという。