北密輸容疑者のお得意先は日本 国連安保理専門家パネル元委員・古川勝久

正論
Messenger

国連安保理専門家パネル元委員・古川勝久氏 

国連安保理専門家パネル元委員・古川勝久氏 

 2017年8月8日、パラオ船籍の貨物船「TOYO MARU号」がベトナムのカントー港に着岸した後、石炭貨物6680トンが港に荷揚げされた。国連専門家パネルの報告書(18年3月5日付)によると、これは国連禁輸品の北朝鮮産石炭とのことだ。

 ≪取り締まりを逃れて今も活動≫

 貨物船は7月前半の間、船の位置情報を示す船舶自動識別装置の信号を遮断して、誰にも所在地が把握できないようにしていた。この間に北朝鮮に寄港して石炭を荷積みしたと考えられている。