日本型の文系学問は生き残れる 社会学者、関西大学東京センター長・竹内洋

正論
Messenger

関西大学東京センター長の竹内洋氏(栗橋隆悦撮影)

関西大学東京センター長の竹内洋氏(栗橋隆悦撮影)

 2015年6月の文部科学相名の国立大学宛て通知を覚えている人も多いだろう。国立大学の人文社会科学系と教員養成系の学部・大学院が社会的要請の高い分野への改組に取り組むことを促したものである。国立大学文系の廃止につながるのではと物議をかもした。そのあと文科省は通知を人文社会系廃止ととるのは「誤解」とトーンを下げた。

 しかし、この通知は結果としては功を奏し、国立だけではなく、公立・私立文系学部・大学院の改組に拍車がかかった。学部名称の変更や学科の再編成などがおこなわれている。しかし、人文社会系が実学志向や社会貢献の要求の波の中でどうサバイブしていくかは依然として大きな課題である。