生命倫理訴えた梅原猛氏を悼む 東京大学客員教授・米本昌平

正論
Messenger

梅原猛氏(志儀駒貴撮影)

梅原猛氏(志儀駒貴撮影)

 梅原猛氏が亡くなられた。ものすごい喪失感である。

 梅原氏とは、1990年に設置された臨時脳死及び臓器移植調査会(脳死臨調)の答申に、現段階では脳死を人の死とすべきではない、とする少数意見を併記することを実現させて以来、親しくさせていただいた。

 答申をまとめる直前、「だめなら辞めると言って、反対意見を入れることを認めさせた。私の文案に意見があったらアカをいれてほしい」というファクスをいただいた。まさかこんな大先生の文章に、若造が修正を加えられるわけがない。恐縮してそのまま送り返したことを思い出す。

 ≪日本文化の基層の価値観を代弁