正論

日本は毅然と物言う気骨を持て 福井県立大学教授・島田洋一

Messenger

記者会見する韓国国防省報道官=4日、ソウル(共同)

記者会見する韓国国防省報道官=4日、ソウル(共同)

 対立が先鋭化した「米中」の陰に隠れがちだった「米朝」が動き出した。

 韓国の文正仁大統領特別補佐官は、「2回目の米朝首脳会談で北朝鮮のカードは、寧辺核施設および大陸間弾道ミサイル(ICBM)の廃棄となり、米国も部分的な経済制裁解除など相応の措置を取ると予想する」と期待をのぞかせつつ語っている。確かに一つのありうるシナリオである。

 ≪対北制裁緩和には明確な反対を