正論

「一世一元の制」を守り続けよう 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

 ≪個人はすべて歴史的な存在だ≫

 山梨県の私の生家に住まう者が誰もいなくなり、しばらく前にこれを解体した。家具などを整理していたところ、1枚の古びた写真が出てきて深く心を動かされた。母方の祖父が日露戦争に出征する日の朝、家族全員を集めて撮った写真である。裏書きをみると、明治三七年一月 山梨県中巨摩郡にて、とある。中央に軍服姿の祖父が座し、胸にはいくつかの勲章が垂れている。墓誌で確認したところ、祖父は日露戦争の10年前の日清戦争にも出征、軍功により賜(たまわ)った勲章であることを知らされた。