正論

長期的視野で日露関係を進めよ 同志社大学教授・村田晃嗣

同志社大学の村田晃嗣教授
同志社大学の村田晃嗣教授

 ≪敵視を強めるアメリカとロシア≫

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領によると、日露平和交渉は「速度を失った」という。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、第二次世界大戦の結果として北方領土がロシアの主権下にあることを日本に認めよと迫り、プーチン大統領も、返還後も北方領土に米軍基地を設置しない確約だけではなく、日米安保条約からの離脱にまで言及しているという。