正論

国書による初元号に大きな意義 日本財団会長・笹川陽平

足利学校で保管されている、江戸時代後期に木版印刷で作られた万葉集
足利学校で保管されている、江戸時代後期に木版印刷で作られた万葉集

 5月に改元される新元号が「令和」に決まった。出典は万葉集。645年の「大化」から現在の「平成」まで計247の元号すべてが中国の古典(漢籍)を典拠としてきた元号の歴史に、初めて日本の国書(古書)由来の元号が登場することになった意義は大きく、心から歓迎したい。

 ≪投稿の反響に関心の高さを実感

 奈良時代に編纂(へんさん)されたわが国最古の歌集である万葉集には、天皇や皇族、貴族のほか、防人や農民まで幅広い階層の人々が詠(よ)んだ歌が収められている。