正論

米国との同盟強化に努力続けよ 同志社大学特別客員教授・阿川尚之

安保関連法に基づく「武器等防護」のため、米海軍補給艦(手前)と共に航行する海上自衛隊の護衛艦「いずも」=2017年5月、伊豆諸島・神津島沖
安保関連法に基づく「武器等防護」のため、米海軍補給艦(手前)と共に航行する海上自衛隊の護衛艦「いずも」=2017年5月、伊豆諸島・神津島沖

 ≪親しい次元こえ同志となった

 3月中旬、アメリカに出張した。2001年に上梓(じょうし)した日米ネービー関係史を描く拙著『海の友情』の英訳出版を機に、武居智久元海上幕僚長とチームを組んで米海軍大学、海軍兵学校、太平洋軍、太平洋艦隊、各地の研究所や大学などを訪れ、講演をし、人に会い、意見を交換した。

 武居提督に同行して、日米ネービー関係がますます緊密化しているのを改めて実感した。もはや親しいという次元をこえ、同志として一緒に働くのが当たり前になっている。海上自衛隊と米海軍は互いの能力、技量、練度を尊敬し、戦略を共に練り、訓練を通じ作戦、戦術を強化している。