正論

御代替わりにあたり 日米関係の成熟を令和の時代へ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

吉崎達彦氏(野村成次撮影)
吉崎達彦氏(野村成次撮影)

 ≪意思疎通の深まりを示す証左≫

 日米関係の歴史において画期的なことが始まろうとしている。

 まず間もなく、安倍晋三首相がワシントンを訪れ、日米首脳会談が行われる。20カ国・地域(G20)の議題や2国間の通商問題が話し合われよう。

 そして5月、トランプ大統領は国賓としてわが国を訪問し、新しい天皇陛下と初めて会談する海外の首脳となる。大統領による大相撲観戦も検討されているという。6月には大阪でG20サミットが行われる。トランプ大統領は再び訪日し、その際には米中首脳会談が世界の注目を集めることだろう。