正論

対中戦線を乱してはならない 福井県立大学教授・島田洋一

福井県立大学の島田洋一教授(宮川浩和撮影)
福井県立大学の島田洋一教授(宮川浩和撮影)

 「肉を切らせて骨を断つ」姿勢を相当期間維持できなければ、中国の不正は正せない。トランプ氏は、その域に踏み込んだ初の米大統領である。まさに画期的であり、中国台頭の規模とペースを考えれば、おそらく今が最後の巻き返しのチャンスだろう。

 その点、日本の有力政治家や経済界のリーダーから、「米中とも冷静さを取り戻し、早く事を収めてほしい」といった言葉が出るのは情けない。トランプ当選という現実をいまだに受け入れられず、スキャンダル探しや区々たる揚げ足取りに余念のない米主流メディアも軽重の感覚を著しく欠く。