正論

幸先よい令和の外交スタート 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦

大相撲夏場所千秋楽で、初優勝を決めている朝乃山(手前右)と御嶽海の取組を観戦する(上左から)安倍首相、トランプ米大統領、メラニア夫人、昭恵夫人=5月26日、東京・両国国技館(代表撮影)
大相撲夏場所千秋楽で、初優勝を決めている朝乃山(手前右)と御嶽海の取組を観戦する(上左から)安倍首相、トランプ米大統領、メラニア夫人、昭恵夫人=5月26日、東京・両国国技館(代表撮影)

 令和の日本外交は、幸先のよいスタートを切ったといえるのではないだろうか。

 先月のドナルド・トランプ米大統領の訪日に際しては、ゴルフや相撲見物、炉端焼きといった「接待」ばかりが目立ち、中身が乏しいという批判があった。確かに今回は共同声明がなかったし、安全保障や経済面での具体的な前進も少なかった。

 とはいえ外交とは、目に見える成果ばかりを追求するものではない。トランプ氏と良い関係を築く目的からすれば、今回の「国賓」訪日には十分な手応えがあったといっていい。

 ≪拉致問題に強い関心を確認