正論

“年金不安”に安心の処方箋示せ 東洋大学教授・竹中平蔵

東洋大学教授・竹中平蔵氏
東洋大学教授・竹中平蔵氏

 金融庁の審議会ワーキンググループが公表した年金に関する報告書をめぐり混乱した議論が続いている。報告書が指摘したのは、平均的な給与所得者の夫婦が95歳まで生きるとして年金以外に2千万円の蓄えが必要、というものだ。年金額は個人によって異なるから平均値で論じることに意味があるかどうか、議論はあろう。しかし数値自体は常識的なものであり、国民の多くにとって決して意外な内容ではないだろう。

 にもかかわらず、野党の「言いがかり」と与党の「言い逃れ」という政治姿勢から議論が混乱した。国民の年金不安を煽(あお)るばかりだ。政治リーダーたちは、分かりやすく透明な年金制度としての「社会保障個人勘定」の充実など建設的な議論を展開すべきだ。