正論

参院選で憲法改正の「職務」問え 駒沢大学名誉教授・西修

駒沢大学名誉教授の西修氏
駒沢大学名誉教授の西修氏

 衆参両院に設置されている憲法審査会は、一部野党の非協調的態度により、なんら具体的成果をあげることなく、6月26日、国会会期を終えた。審査会が設置されてからの12年間、ただ無為に時間が経過してきたとしか思われない。

 ≪国民の多数が活発な議論望む≫

 そもそも、憲法審査会の審議をテーブルにのせようとしない野党議員は、自分たちに課せられている「職務」の何たるかを理解していないのではないか。