正論

年頭にあたり 深き民の勇敢なる国家に到れ 文芸批評家・新保祐司

新保祐司氏 
新保祐司氏 

 今年は、ベートーヴェン生誕250年にあたる年である。

 昨年末には恒例の「第九」の演奏会が日本の各地で開かれた。主なものだけでも100回くらい公演されているようである。また、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」を知らない日本人は、少ないと思われる。西洋音楽の中で日本人にとって最も親しい作曲家といえるであろう。