正論

年頭にあたり 100年前と現代、文明の行方は 京都大学名誉教授・佐伯啓思

京都大学名誉教授・佐伯啓思氏
京都大学名誉教授・佐伯啓思氏

 昨年一年をざっと振り返れば、世界を見渡しても比較的安穏な年だったといえようが、それは表面上のことであって、その背後では、きわめて大きな文明の変動が生じているように思われる。

 まずトランプの登場やヨーロッパ政治を見れば、近代政治の軸になる民主主義がうまく機能していない。大衆的な不満や情緒が政治を不安定化するのである。しかもSNSがそれを拡散し増幅し、社会生活から道徳的感覚を衰弱させ心理的な動揺を深める。グローバル経済は、安定した市場秩序ではなく、国家間の軋轢(あつれき)を生み、AIや生命科学に代表される技術革新は目的地をもたずに飛び出したロケットのようにさえ見える。