正論

昭和的「職人気質」を見直そう 社会学者、関西大学東京センター長・竹内洋

社会学者 関西大学東京センター長・竹内洋氏
社会学者 関西大学東京センター長・竹内洋氏

 ≪金田正一投手の練習と日常≫

 昨年10月に86歳で死去した元巨人投手金田正一氏のお別れの会が21日に行われた。歴史に残る名投手だっただけに、お別れの会の模様についてもテレビや新聞で詳しく報道された。金田氏が走り込みをはじめ練習の鬼だったこと、食事についてはもとより左腕は赤ん坊を抱っこする時にも使わないようにしていたことなど細心の注意を払った日常生活が知らされた。

 スポーツ選手や芸術家が死去すると、彼、彼女らが人知れず血のにじむような努力をしていたことが報道されることが多い。水鳥はすいすいと優雅に泳いでいるようにみえるが、水面下では必死に足をもがいているというわけだ。