正論

海洋立国の行動支える法整備を 東海大学教授・山田吉彦

東海大学の山田吉彦教授
東海大学の山田吉彦教授

 中東情勢は混迷を深めている。米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の殺害に対し、イランは報復を宣言。1月8日、イラクにある米軍基地に対しミサイルを発射した。米国とイランの対立の背景には、アラビア半島におけるイスラム教スンニ派とシーア派の対立がある。

 けっして人ごとではない。昨年12月27日、政府は自衛隊の護衛艦と哨戒機を中東に派遣することを閣議決定した。専守防衛の原則における自衛隊の海外派遣は重要な政治課題となっている。