正論

社会的大試練に対処する視点 大阪大学名誉教授・猪木武徳

外出自粛要請下のGW(大型連休・ステイホーム週間)が明けた渋谷駅前の出勤風景=7日、東京都渋谷区(鈴木健児撮影)
外出自粛要請下のGW(大型連休・ステイホーム週間)が明けた渋谷駅前の出勤風景=7日、東京都渋谷区(鈴木健児撮影)

 ≪良質の情報と思慮ある論議≫

 新型コロナウイルスの来襲は、われわれにさまざまな問題を突き付けてきた。その対応のために、誰しも良質の情報と思慮のある議論を求めている。

 専門家にさえその正体のよくわからないウイルスを、いかに、そして迅速に抑え込むことができるのかが喫緊の課題となっている。行政のフロントや、現場の医療従事者たちの文字通り命を賭けた奮闘を知るにつけ、とにかく今はウイルスの「抑え込み」の問題に集中すべきだと痛感する。