正論

戦後75年に思う 大事なもの置き去りにされた夏 京都大学名誉教授・佐伯啓思

佐伯啓思・京大名誉教授
佐伯啓思・京大名誉教授

 かつては、毎年8月も半ばになると、お盆と終戦の日があいまって何か独特の雰囲気を漂わせていた。昭和30年代、私が少年だったころは、子供心にも、8月15日が特別な日であることは十分に感じ取られた。社会全体にまだそういう雰囲気があった。だが、昭和から平成へと移ると、それも薄らいでゆき、令和となった2年目の今年は、新型コロナウイルスの影響もあって、お盆の帰省や様々な行事も自粛になりそうである。

 ≪戦死者たちの思いの上に≫

 かつてお盆と終戦の日が重なり合うことで8月15日前後に何か厳粛な雰囲気が漂っていたのは、そこに「死者」への思いが生きていたからである。お盆の行事によって先祖の霊を迎え、亡き父母や祖父母などの死者を人々は思い出したものである。そしておそらくは多くの家庭にあって、親や祖父母の世代が、あの悲惨な戦争の時代に生き、また戦死したというような記憶がそこに重なり合った。だから、終戦の日は、誰もが戦死者の霊に思いを致す多少は神聖な時間であった。お盆と重なることで、戦死者の霊は、戦争を生き延びた者や戦後に生まれた者との魂の交感をもったわけである。