正論

海洋立国支える広報戦略構築を 東海大学教授・山田吉彦

尖閣諸島周辺を航行する中国公船と並走する海上保安庁の巡視船(海上保安庁提供)
尖閣諸島周辺を航行する中国公船と並走する海上保安庁の巡視船(海上保安庁提供)

 我が国の海洋政策は紳士的であり、国際法と国際基準に則(のっと)り進められている。しかし国際社会において国際法を順守する国は少なく特にアジアの海域において国際法は機能しているとは言い難い。

 ≪海洋の国際基準を知る≫

 また、海洋の国際基準を知るメディアも少なく、国民に誤解を与えることも少なくない。その顕著な例は、今年2月に横浜港に入港したダイヤモンド・プリンセス号の船内で新型コロナウイルス感染症が蔓延(まんえん)した際の対応である。