正論

ハーンと親しかった日本の友人 東京大学名誉教授・平川祐弘

小泉八雲の和服姿の写真(小泉家所蔵)
小泉八雲の和服姿の写真(小泉家所蔵)

 外国人も日本で生活になじむ人がふえてきた。私たちも外国人と親しく接することが大切だ。外地で生活に溶け込むには、土地の言葉を気楽に話せる力を身につけるのが大事だが、よき外国人と親しくなれるかどうか、それが一層大切だ。外国人の場合も同様で、日本に帰化して小泉八雲と名のったラフカディオ・ハーン(一八五〇-一九〇四)は、明治日本の面影を見事に書き留めたが、よき人を友に得たからこそできたのだ。ハーンが日本の庶民の心の動きをさとく捉え得た秘訣(ひけつ)はそこにある。ではその知友とは誰々か。

 ≪仏教以前の日本の信仰感じる≫

 三十九歳で一八九〇(明治二十三)年四月来日したハーンは横浜で寺めぐりの途次、真鍋晃に出会った。仏道修業中で、明治の青年らしく英語も熱心に勉強、通訳を引き受けた。ハーンは、日本人がお地蔵様を大事にし、子供をかわいがるのを見て、親に捨てられた子供だっただけに、良い第一印象を得た。西洋と違って神社やお寺の境内で子供が楽しげに声を立て遊んでいる。賽(さい)の河原ではお地蔵様が「幼きものをみ衣(ころも)の裳裾(もすそ)のうちにかきいれて」助けてくれる。耳を傾けると、真鍋が『賽ノ河原口吟之伝』を教えてくれた。『弘法大師一代記』の話もしたばかりか、ハーンを横浜の下宿に案内し、観音開きの扉の片方の蝶番(ちょうつがい)が壊れた仏壇も見せてくれた。

 その前で亡き子のために祈る下宿の上(かみ)さんは、ときどき唇で息を吸い込む。やわらかなシューという歯擦音(しさつおん)が聞こえる。その姿にハーンは仏教以前の信仰を感じた。ハーンは、自分は日本人の暮らしにまじった具体的な宗教を見て感じて語ろう、と思った。