正論

米大統領選に隠れた民主党の裏側 日米近現代史研究家・渡辺惣樹

10月31日、米ミシガン州フリントの大統領選集会でオバマ前大統領(左)と共に手を振る民主党候補のバイデン前副大統領(AP=共同)
10月31日、米ミシガン州フリントの大統領選集会でオバマ前大統領(左)と共に手を振る民主党候補のバイデン前副大統領(AP=共同)

 筆者は8月27日付本欄で米民主党によるカマラ・ハリス上院議員の副大統領候補指名にバラク・オバマ前大統領の思惑があると指摘した。彼は、トランプ第2期政権となればオバマゲートの捜査が本格化することを強く恐れていた。

 ≪「オバマゲート」捜査恐れ≫

 2016年夏、ヒラリー・クリントン陣営はクリストファー・スチール(元英国MI6)に、文書を捏造(ねつぞう)させた(スチール文書)。第1回報告書(同年6月20日)の冒頭(一部)が以下である。